お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

製品情報 建築・宅造
プレキャストPCエレベーターシャフト
LUXSYS(ラクシス)

PDF
認定・規格・準拠図書等
  • 構造評定
  • 優良住宅部品認定
特別仕様
  • 現場打ち→プレキャスト対応
  • 地震対策品
取扱地域
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 北陸
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄

※取扱が記載されていない地域については、担当営業所にご確認ください。

概要

特長

  1. 各種鉄筋コンクリート部材をPC鋼棒により一体化することにより、地震時でも単独で安定する昇降路建物なので、既存建物の危険性を増大させずに増築を行うことが可能です。

  2. シャフト部の床面積は、従来工法(鉄筋+ALC)の約65%となり非常にコンパクトです。
    ※4人乗り用(階段室型住宅用)の場合

  3. 施工時の組立は内足場のみで外足場が不要であるため、工事スペースが小さくなります。

  4. 1基あたり、通常4日での施工が可能で、従来の鉄骨造と比較して、躯体の工期は約1/10となり、全体工期の大幅な短縮が可能です。

  5. 増築面積が抑えられ、遡及適用の除外対象となる増築工事が行いやすくなります。

遡及適用の除外

既存の共同住宅にあとからエレベーター昇降路を取り付ける工事は、『増築工事』として扱われます。増築工事の場合、既存建築物の適法性が要求されますが、一定規模の増築工事においては、「既存の建築物に対する制限の緩和」があります。(建築基準法86条の7)

〈遡及適用の除外規定〉 
既存の共用住宅が、既存不適格建築物で、増築部分はエキスパンションジョイントで構造上分離され、
ΔA≦A/20かつ50m2以下の場合は遡及適用を受けません。
ΔA:建築部分の延べ床面積 A:既存建物の延べ床面積

「増築する部分の床面積が既存建物の延べ床面積の1/20かつ50㎡を超えなければ、既存建物が現行の建築基準法を満たしていなくても、増築できます」 *既存部分の危険性を増大させずに、増改築を行う場合

 

スペック 

4人乗り対応 
6~15人乗り対応

ラクシスは4人乗り、6~15人乗りの2タイプご用意しております。
設置場所に応じてお選びください。