お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

施工事例一覧

条件絞込
  • 供用路線の中分防護柵改良の施工例
  • 供用路線の中分防護柵改良の施工例
  • 供用路線の中分防護柵改良の施工例
  • 供用路線の中分防護柵改良の施工例

供用路線の中分防護柵改良の施工例

高速道路の鋼製中分防護柵をコンクリート製に改築する工事であり、太平洋と水際で接した区間のため台風等の高波の時は、防波堤を超えてくる越波により砂利等が路面に押し上げられ、通行止めを余儀なくされていた。
そこで中分防護柵をコンクリート製にすることにより、ガードレールの下をくぐり抜けて山側の車線に流れ込む砂利等をコンクリート防護柵にすることによりせき止めることを主眼とした工事。
通常のコンクリート防護柵は車両衝突時の滑動を抑止するためにシールコンクリート中に100mm程度の根入れを取る必要があるが、当該区間では光ケーブルが浅いところに埋設されており砕石や均しコンクリートも併せると、300mmの深さを掘削することは困難であると共に、事前の移設には多くの時間と費用が必要であった。
施工はガードレールを存置したまま表面のシールコンクリートを打設し、防護柵を日々設置する分だけのガードレールを撤去し、その上に重量が重く根入れを取る必要がない自重式SB種の防護柵を設置。
PC緊張で連結するまでの間は鋼製連結金物で連結し防護柵の連続性を担保する方法を取り、仮設防護柵を用いずに改築することが出来た。

施工場所
静岡県静岡市清水区
施工時期
令和3年3月~4月
製品寸法と規模
S450×H900×L1990、S450×H900/1000(1100)×L1990 延長約1,000m
製品・工法詳細
プレキャストガードフェンス(PGF)/コンクリートバリア(CONCRETE BARRIER)
施工事例一覧
高速道路
  • 落石防護機能一体型仮設防護柵の施工例
  • 落石防護機能一体型仮設防護柵の施工例

落石防護機能一体型仮設防護柵の施工例

法面の掘削にあたり落石防護柵及び車両用防護柵を兼ね備えたバリアウォールを提案。施工・復旧が容易であることから採用に至った。
従来品は高さ3mであったが、「落石対策便覧」改定を受けて、高さ2.5mの仮設落石防護柵として初めての設置。
自重が約2.8トン/個/2mであり、ユニックで簡易に設置出来た。
自重式H3.0mのバリアウォール(4.3トン/個/2m)と同様で、自重で風速45m/秒に耐える性能と、SB種相当の車両用防護柵性能を有している。

施工場所
三重県内
施工時期
令和2年11月~12月
製品・工法詳細
仮設落石防護柵:バリアウォール その他
施工事例一覧
道路
  • 雨水幹線を整備する工事の施工例

雨水幹線を整備する工事の施工例

都市化や集中豪雨により都市型浸水が増えているため、より安全で安心な都市環境の実現を目指し、雨水幹線を整備する工事です。

施工場所
京都府京都市伏見区奉行前町他 地内
施工時期
平成30年3月21日~令和3年8月31日
製品寸法と規模
管きょ工(開削工事):Φ300㎜~Φ800㎜ L=71.5m
刃口推進工事:HPΦ1350㎜ L=10.8m
管きょ工(推進工事):HPΦ800㎜ L=493.7m、HPΦ1350㎜ L=250.6m、HPΦ1800㎜ L=161.7m
施工事例一覧
官庁工事元請施工
  • 雨水を川へ放流するためのポンプ場構築の施工例

雨水を川へ放流するためのポンプ場構築の施工例

雨水浸水対策事業の地下貯留トンネル最下流端に位置し、トンネル内に貯留した14万8千㎥の雨水を、毎秒10㎥(30秒間で25mプール1杯分)の速さで桂川へ放流するためのポンプ場を構築する工事です。

施工場所
京都府長岡京市勝竜寺樋ノ口地内
施工時期
平成30年4月9日~令和2年11月30日
製品寸法と規模
躯体寸法:□42.5m×39.5m 高さ42.5m
躯体数量:コンクリート工 32,771㎥ 鉄筋 6,098t
ケーソン掘削土量:65,573㎥(ニューマチックケーソン工法)
ケーソン掘削深さ:36.8m
施工事例一覧
官庁工事元請施工
  • 埋設されている古い水道管の布設替の施工例

埋設されている古い水道管の布設替の施工例

埋設されている古い水道管(昭和30 年後半〜40 年前半φ300)の布設替工事です。耐震性ダクタイル管布設とステンレスフレキ管を用いた管更生(SDF工法)の併用で総延⻑1350mを仮設管で切替後、既設管を撤去しながら新設管を布設します。

施工場所
京都市左京区岩倉中町~岩倉三宅町
施工時期
平成30年12月20日~令和2年10月30日
施工事例一覧
官庁工事元請施工
  • 泥水式シールド機によるトンネルを構築する施工例

泥水式シールド機によるトンネルを構築する施工例

雨水浸水対策事業としてφ4,040mm の泥水式シールド機によって、地下20mに延⻑4km の地下貯留トンネルを構築する工事です。大雨時に増水した雨水排水路から一時的に水を貯留して、桂川の水位が下がってから排水を行うことで浸水被害を防ぐための施設です。

施工場所
京都府長岡京市勝竜寺樋ノ口地内~京都府向日市鶏冠井南金村地内
施工時期
平成27年3月25日~平成31年3月25日
製品寸法と規模
Φ4,040㎜泥水式(仕上がり内径Φ3,500㎜)延長L=4,057.4m
施工事例一覧
官庁工事元請施工
  • クイック壁高欄の施工例
  • クイック壁高欄の施工例
  • クイック壁高欄の施工例

クイック壁高欄の施工例

現場打ち壁高欄のプレキャスト化として採用頂きました。高速道路本線上の為、早期の施工と解放が必要な状況でしたが、床版から突き出したアンカーボルトにクイック壁高欄を被せ、無収縮モルタルを充填するシンプルな接合構造により早期の施工・解放が可能となりました。

施工場所
福島県西白河郡矢吹町
施工時期
令和2年10月
製品寸法と規模
クイック壁高欄 B250/405×H827×L4390 延長68m×両側
製品・工法詳細
クイック壁高欄
施工事例一覧
高速道路
  • スリップフォーム工法のロールドガッターの施工例
  • スリップフォーム工法のロールドガッターの施工例
  • スリップフォーム工法のロールドガッターの施工例

スリップフォーム工法のロールドガッターの施工例

中分改良工事で成型機は標準の逆走で施工。8工区を一筆で施工する。

施工場所
石川県羽咋郡志賀町
施工時期
令和元年9月30日~10月31日
製品寸法と規模
ロールドガッタ0.7m×0.15m 1831m
製品・工法詳細
スリップフォーム工法
施工事例一覧
スリップフォーム工法
  • スリップフォーム工法の長崎新幹線路盤鉄筋コンクリートの施工例

スリップフォーム工法の長崎新幹線路盤鉄筋コンクリートの施工例

新幹線の路盤を機械施工 曲線部分はカントが大きく機械の組み換えをしながらの施工

施工場所
長崎県長崎市坂本
施工時期
平成31年1月28日~令和元年8月31日
製品寸法と規模
寸法 W=2420㎜ 5516m
製品・工法詳細
スリップフォーム工法
施工事例一覧
スリップフォーム工法
  • 防火水槽の漏水対策工法の施工例
  • 防火水槽の漏水対策工法の施工例
  • 防火水槽の漏水対策工法の施工例

防火水槽の漏水対策工法の施工例

既設の現場打ち防火水槽の地震災害時の漏水対策として採用頂きました。

施工場所
高知県越知町
施工時期
令和2年1月
製品寸法と規模
B×H×L=3.5m×2.5m×4.9m 43㎥ 1基
製品・工法詳細
マリンリーブシート工法
施工事例一覧
貯留・防災システム
  • 張出歩道の施工例
  • 張出歩道の施工例
  • 張出歩道の施工例

張出歩道の施工例

本製品は三重県内の道路改良工事において交通安全対策事業として歩道整備の一部として採用頂きました。

施工場所
三重県内
施工時期
令和元年12月~令和2年2月
製品寸法と規模
NSR-20 H1600 167m
製品・工法詳細
ニューセーフティーロード
施工事例一覧
道路
  • 大型ブロック・腰積みタイプの施工例
  • 大型ブロック・腰積みタイプの施工例

大型ブロック・腰積みタイプの施工例

常磐自動車道1期線でも採用して頂き 今回の常磐自動車道4車線化工事においても採用して頂きました。 東日本大震災の災害復旧にも採用されました。

施工場所
宮城県亘理郡亘理町~山元町
施工時期
平成30年11月~令和2年2月
製品寸法と規模
ウエストンA-1 600X800X2000
ウエストンA-2 600X1000X2000
延長約1,624‬m
製品・工法詳細
ウエストン
施工事例一覧
擁壁・法面保護工
  • クイック壁高欄の施工例

クイック壁高欄の施工例

クイック壁高欄はこの度、西日本高速道路株式会社が発注した沖縄自動車道の床版取り替え工事に採用されました。 簡易な構造で施工スピードと耐久性を大幅に向上させました。 施工方法は、床版から突き出したGP鉄筋に壁部材を差し込み、無収縮モルタルを充填(じゅうてん)することで床版と接合できます。横方向の接合は凸と凹を合わせる「せん断キー」構造とし、縦目地に無収縮モルタルを充填し作業完了となります。

施工場所
沖縄自動車道(特定更新等)福地川橋(下り線)他1橋
製品寸法と規模
設置延長 848m
製品・工法詳細
クイック壁高欄
施工事例一覧
高速道路
  • L型剛性防護柵の施工例
  • L型剛性防護柵の施工例
  • L型剛性防護柵の施工例
  • L型剛性防護柵の施工例

L型剛性防護柵の施工例

大型トラック運転手の居眠り運転により、サービスエリア内の店舗にトラックが突っ込むという事故が起こりました。幸いにも店内にいた従業員は大事には至りませんでしたが、このような事故を未然に防ぐため、ネクスコ中日本がL型剛性防護柵を置き、その前にガードレール(S)を設置するというダブルガード措置にて対応が行われた事例となります。

施工場所
長野県諏訪市
施工時期
平成28年6月
製品寸法と規模
H2000*B1400*L2000(底版水勾配)
4個
製品・工法詳細
L型剛性防護柵
施工事例一覧
道路
  • L排R箇所の施工例
  • L排R箇所の施工例
  • L排R箇所の施工例
  • L排R箇所の施工例

L排R箇所の施工例

交差点部分の円型水路R箇所に対してL排のRタイプで対応した。

施工場所
京都府木津川市
施工時期
令和元年6月~9月
製品寸法と規模
L排φ300 Rタイプ バリアフリー型 74m
製品・工法詳細
L排N-Ⅲ型
施工事例一覧
道路