お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

施工事例一覧

条件絞込
  • FRP油水分離桝(橋梁型)の施工例
  • FRP油水分離桝(橋梁型)の施工例
  • FRP油水分離桝(橋梁型)の施工例
  • FRP油水分離桝(橋梁型)の施工例

FRP油水分離桝(橋梁型)の施工例

ネクスコ標準タイプの設置が不可能な条件のため橋梁型が採用された事例です。

施工場所
新潟県妙高市
施工時期
平成30年3月
製品寸法と規模
W620XH1139XL2860 2基
製品・工法詳細
FRP油水分離桝(橋梁型)
施工事例一覧
貯留・防災システム
  • 路肩用剛性防護柵(PGF)
  • 路肩用剛性防護柵(PGF)
  • 路肩用剛性防護柵(PGF)
  • 路肩用剛性防護柵(PGF)

路肩用剛性防護柵(PGF)

九州横断道(嘉島~山都)区間は平成30年度に延長10.8kmの開通を目指し工事を進めていました。その区間内において当初計画では「ガードレール+基礎ブロック」構造の箇所がありましたが、補強土壁上であったためメンテナンスフリーの要望をいただき、「路肩用剛性防護柵(PGF)」を提案の上、採用に至りました。 また、当路線には全線に渡り中央分離帯にPGFが採用されております。

施工場所
九州横断道(嘉島~山都)区間
施工時期
平成30年10月
製品・工法詳細
路肩用剛性防護柵(PGF)
施工事例一覧
道路
  • プレキャスト調整池の施工例
  • プレキャスト調整池の施工例
  • プレキャスト調整池の施工例
  • プレキャスト調整池の施工例

プレキャスト調整池の施工例

神奈川県秦野市で新東名高速道路建設工事の中で、秦野サービスエリア(上り線)内の調整池を構築。 近年、集中豪雨や大雨洪水による被害が、毎年全国のどこかで発生しています。 大雨が降ると洪水が発生します。洪水から街を守るための施設として有効であるのがプレキャスト式調整池や雨水地下貯留槽です。 これらを地下に構築することにより、地上は駐車場や公園などの施設として有効活用が出来ます。

施工場所
神奈川県秦野市
施工時期
平成30年7月~12月
製品・工法詳細
プレキャスト調整池
施工事例一覧
貯留・防災システム
  • LウォールⅡ型支柱付の施工例
  • LウォールⅡ型支柱付の施工例

LウォールⅡ型支柱付の施工例

相生有年道路は国道2号相生市~赤穂市間の交通緩和、交通安全を確保し、沿道騒音を改善すること等を目的に、4車線化現道拡幅及びバイパス整備を進めている延長8.6kmの道路。 従来の現場打コンクリートと比べ工期短縮、コストの削減が図れ、プレキャスト製品を設置するだけで熟練工を必要としない為、採用に至った。

施工場所
兵庫県相生市
施工時期
平成30年4月~10月
製品・工法詳細
LウォールⅡ型
施工事例一覧
擁壁・法面保護工
  • プレキャスト遊水池の施工例
  • プレキャスト遊水池の施工例
  • プレキャスト遊水池の施工例
  • プレキャスト遊水池の施工例

プレキャスト遊水池の施工例

浸水対策として公園内にプレキャスト遊水池で4400㎥の地下式貯留槽を構築。早期に公園を開放するため、プレキャスト遊水池は現場打工法より1/3の工期短縮が出来た。広い施工範囲なので一般的には桟橋仮設を組んで施工を行うが、大型の150tクローラークレーンの採用により仮設のコストダウンと工期短縮が出来た。

施工場所
京都府八幡市軸地内
施工時期
平成29年10月~平成30年3月
製品寸法と規模
プレキャスト遊水池 スタンド型 H=4000m 容量4400㎥
製品・工法詳細
プレキャスト遊水池
施工事例一覧
貯留・防災システム
  • L排(GR-L集水型)の施工例
  • L排(GR-L集水型)の施工例
  • L排(GR-L集水型)の施工例

L排(GR-L集水型)の施工例

街渠部に堆積物があっても排水を阻害しない点をPRしご採用頂いた。

施工場所
滋賀県蒲生郡竜王町
施工時期
平成29年10月~平成30年1月
製品寸法と規模
φ300  延長456m
製品・工法詳細
L排N-Ⅲ(GR-L集水型)
施工事例一覧
道路
  • L排N-Ⅲ型(GR-L仕様)の施工例
  • L排N-Ⅲ型(GR-L仕様)の施工例

L排N-Ⅲ型(GR-L仕様)の施工例

山間部における落ち葉対策として提案し、採用して頂きました。

施工場所
大阪府和泉市
施工時期
平成30年8月
製品・工法詳細
L排N-Ⅲ型(GR-L仕様)
施工事例一覧
道路
  • 逆L型擁壁の施工例
  • 逆L型擁壁の施工例
  • 逆L型擁壁の施工例

逆L型擁壁の施工例

沖縄県内初の福祉施設・保育園・商業テナントを集約した複合施設。現道・用地の関係で逆使いのL型擁壁での設計が一番、土地の有効活用や工期的な問題を総合的に判断して頂き、採用して頂きました。

施工場所
沖縄県那覇市
施工時期
平成29年11月~12月
製品寸法と規模
(見え高H=2.0m) H=2.5m B=2.0m 延長約55m
製品・工法詳細
逆L型擁壁
施工事例一覧
擁壁・法面保護工
  • 既設防火水槽のスラブ取替えと機能強化の施工例
  • 既設防火水槽のスラブ取替えと機能強化の施工例
  • 既設防火水槽のスラブ取替えと機能強化の施工例
  • 既設防火水槽のスラブ取替えと機能強化の施工例

既設防火水槽のスラブ取替えと機能強化の施工例

周辺をシンボルロードとして舗装材を敷き均して整備していく中、既設水槽の天端を低くする必要が出てきた。舗装材を敷く高さに合わせて既設水槽のスラブと側壁を斫り、新たにコンクリートスラブを設置し、更にKCガードを装着し既設水槽の機能強化を果たした。

施工場所
滋賀県内
施工時期
平成29年12月
製品寸法と規模
マリンかぶせーる B4515*t320*L1095 延長5.475m
製品・工法詳細
マリンかぶせーる
施工事例一覧
貯留・防災システム
  • ハレーサルト仕様のL型剛性防護柵の施工例
  • ハレーサルト仕様のL型剛性防護柵の施工例
  • ハレーサルト仕様のL型剛性防護柵の施工例
  • ハレーサルト仕様のL型剛性防護柵の施工例

ハレーサルト仕様のL型剛性防護柵の施工例

中部横断自動車道の新設に伴い、橋梁背面にL型剛性防護柵を設置致しました。工期短縮を求めていた為、現場打ちからプレキャスト製品で採用されました。関東初のハレーサルト仕様になっております。

施工場所
長野県佐久市
施工時期
平成29年11月~12月上旬
製品寸法と規模
L型剛性防護柵 1400×2300×1990 延長約192m
製品・工法詳細
ハレーサルト仕様のL型剛性防護柵
施工事例一覧
道路
  • 落石防護機能一体型仮設防護柵の施工例
  • 落石防護機能一体型仮設防護柵の施工例

落石防護機能一体型仮設防護柵の施工例

この製品は下部が車両に対しての防護柵機能があり、上部は落石防護機能を有しています。 住宅地の裏山に擁壁があり、その法面が崩れかけて土砂が落ちてきており、住民からの落石対策の要望により設置されました。 2分割構造になっており、ユニックでも施工が可能なように、部材重量を軽量化しています。 但し、土砂崩れ等の土圧に抵抗するものではないため、都度条件を確認して可否を判定しています。

製品・工法詳細
バリアウォール
施工事例一覧
特殊工法・新素材
  • 4車線化工事内内運用時のプレキャストガードフェンスの施工例
  • 4車線化工事内内運用時のプレキャストガードフェンスの施工例
  • 4車線化工事内内運用時のプレキャストガードフェンスの施工例
  • 4車線化工事内内運用時のプレキャストガードフェンスの施工例

4車線化工事内内運用時のプレキャストガードフェンスの施工例

高松自動車道4車線化工事において、橋梁上にPGFを設置。滑動抵抗確保のため、根入れを100から170に変更。製品高をH=1070とした。 内内運用時の施工のため、レッカー作業ができず、製品長をL=2990としユニック施工とした。 橋梁の伸縮装置に干渉するため、端部には切欠けを設けた。

施工場所
香川県三木町
施工時期
平成30年1月
製品寸法と規模
プレキャスト剛性防護柵舗装埋込型Fタイプ Rp-SBm-FE 150/550x1070x2990 延長33m
製品・工法詳細
プレキャストガードフェンス(PGF)
施工事例一覧
道路
  • 納骨棺の施工例
  • 納骨棺の施工例

納骨棺の施工例

カロート(墓石の中に遺骨を納めるためのもの、別名:納骨棺)納品。 これまで納品していたメーカーが廃業のため、当社が同等品で設計から検討・提案。

施工場所
大阪府四條畷市
施工時期
平成28年12月~平成29年1月
製品寸法と規模
230基
  • 橋梁部でのプレキャスト壁高欄の施工例
  • 橋梁部でのプレキャスト壁高欄の施工例
  • 橋梁部でのプレキャスト壁高欄の施工例

橋梁部でのプレキャスト壁高欄の施工例

施工場所
新名神高速道路 生野大橋
施工時期
平成28年10月~平成29年11月
製品寸法と規模
上り線 〔側帯部〕H=945 380.172m〔中分部〕H=1345 380.172m
下り線 〔側帯部〕H=945 380.172m〔中分部〕H=1345 380.172m
施工事例一覧
道路
  • コンクリートポンプ車での材料供給によるスリップフォーム工法コンクリート舗装の施工例
  • コンクリートポンプ車での材料供給によるスリップフォーム工法コンクリート舗装の施工例
  • コンクリートポンプ車での材料供給によるスリップフォーム工法コンクリート舗装の施工例
  • コンクリートポンプ車での材料供給によるスリップフォーム工法コンクリート舗装の施工例

コンクリートポンプ車での材料供給によるスリップフォーム工法コンクリート舗装の施工例

当現場の条件は、道路幅員が二分割するには狭く(成型機とアジテータ車が離合できない)経済的・人員的な理由で縦・横取り機の使用は見送られました。 鉄筋は8m間隔のメッシュ筋で事前に敷設する必要があり、従来の材料供給方法が困難な状況でした。 この条件下で材料供給を可能とする為に、SF工法では非常に珍しいコンクリートポンプ車による材料供給を採用しました。

施工場所
大分県日田市
施工時期
平成26年1月~2月
製品寸法と規模
582m 施工幅:5.82m 舗装厚:20cm
施工事例一覧
スリップフォーム工法