お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

工法情報 特殊工法・新素材
高防食性プレキャストコンクリート防風板柵
コンクリート製防風板柵

PDF
認定・規格・準拠図書等
  • 道路防雪便覧
  • 鉄道構造物等設計標準・同解説 コンクリート構造物
  • NEXCO設計要領第五集 遮音壁設計要領
  • ステンレス鉄筋を用いるコンクリート構造物の設計施工指針(案)
取扱地域
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 北陸
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄

※取扱が記載されていない地域については、担当営業所にご確認ください。

概要

ユーザが追加した画像
日本海側は冬季の間風が強く、道路・鉄道・民家・グラウンドなどの防風・飛砂対策として、従来から、1)自然林・植栽による防風、2)鋼製有孔折板を用いた防風、3)コンクリート板柵、木製板柵などによる防風対策が行われてきました。
コンクリート製防風板柵は、防風・飛砂対策に加えて、防雪・防火・目隠し柵などに使用します

特長

  1. コンクリートの品質を上げ、コンクリートパネル(以下、パネル)の鉄筋にはステンレス鉄筋(SUS304相当)を使用することで、軽量で且つ高い防食性能を有す防風板柵を実現しました。
  2. 支柱とパネルを固定するためのスペーサを使用することで、固定ボルトが不要で施工性の改善が図れます。
  3. 基礎ブロックはプレキャストとし、現場での生コンの使用を少なくしました。
  4. パネルの軽量化と基礎ブロックのプレキャスト化により小型重機で施工ができます。

設計条件