お使いのブラウザはサポート対象外です。推奨のブラウザをご利用ください。

製品情報 道路
車両用防護柵基礎一体型プレキャスト L 型擁壁
Gr・L 型擁壁

PDF
CAD
取扱地域
  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 北陸
  • 近畿
  • 中国
  • 四国
  • 九州
  • 沖縄

※取扱が記載されていない地域については、担当営業所にご確認ください。

概要

NETIS登録No.QS-030051-V(NETIS設計比較対象技術)
土木系材料技術・技術審査証明取得 建技審証第0438号
「Gr・L型擁壁」は、たて壁部分に種別C種またはB種の車両用防護柵支柱を設置するための基礎を 一体成型し、衝突荷重に対する擁壁の安定性、強度および車両用防護柵が持つ車両の誘導性能や路外 逸脱防止性能を実車衝突試験で確認したプレキャストL型擁壁です。


財団法人 土木研究センターの建設技術審査証明により、次の特徴を有することが確認出来ました。

特長

  1. 擁壁の設計にあたっては、等分布荷重10kN/m²の自動車荷重に加えて、種別C種・B種ガードレールに作用 する推力30kNを考慮してありますので、土圧(試行くさび法により算定)や衝突に対しても十分安全です。
  2. 補強土壁工法等の上部にガードレール基礎として使用することも、直接基礎上に施工することも可能です。
  3. 補強土壁工法等の上に設置した場合と、直接基礎上に設置した場合の2通りについて、Gr・L型擁壁にガー ドレールを設置した状態で実車衝突試験を行い、種別C種またはB種車両用防護柵に所定の車両衝突荷重が 作用しても、擁壁は安定していること、擁壁は有害となるひび割れが発生せず破損しないこと、補強土壁工 などの下部擁壁工に与える影響が少ないことを確認しました。
  4. 縦断勾配(最大15%)や曲線区間での施工も可能です
「Gr・L型擁壁」は、たて壁部分に種別C種またはB種の車両用防護柵支柱を設置するための基礎を 一体成型し、衝突荷重に対する擁壁の安定性、強度および車両用防護柵が持つ車両の誘導性能や路外 逸脱防止性能を実車衝突試験で確認したプレキャストL型擁壁です。

国土交通大臣認定機関、(財)土木研究センターより 土木系材料技術・技術審査証明を取得しました。

強度と安全性を証明!!

 

建設技術審査証明事業

 建設技術審査証明は、民間において研究・開発された技術を建設事業に適正に反映され、新技 術の建設技術水準の向上を図ることを目的とした制度です。この制度の運営に当たっては、当該 審査証明技術について学識経験者による「審査証明委員会」を設け、開発の趣旨、開発目標およ び技術内容、既存の技術との対比、実績等について審査を行い、使用現場の適正判断を容易にし て、技術の早期普及を図っています。なお、対象技術は土木系材料・製品・技術を対象としてい ます。(土木研究センター HPより)